So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

東京・川越 [日本]

2017年1月7日(土)晴

全日空のマイルの期限が迫ってきて、どこかに行こうと思って12月に新潟行きを予約したのですが、急に仕事が入ってキャンセル。寒さも増してきたので、東京行きにしました。

IMG_0109.JPG
伊丹〜羽田間のフライトです。
富士山が綺麗に見えていました。
隣に座っていた女の子は、2歳で初フライトです。
離陸の時は泣いていましたが、あとは大人しくて堂々とした初フライトです。

IMG_0142.JPG
先ずは、上野の東京国立博物館へ。
デトロイト美術館展も考えたのですが、派遣先の社長が毎年、東博の「博物館に初もうで」に行っていて、素晴らしいとゆうてたので東博にしました。

IMG_0137.JPG
階段を上がると生花が。
お正月らしくていいです。

IMG_0112.JPG
長谷川等伯の「松林図屏風」、国宝です。
「美術史上日本の水墨画を自立させた」と称される作品です。
静謐な空気感がいいです。
写真撮影はあかんと思っていたので、カメラを持参していませんでしたので、ipodで撮影しました。

IMG_0118.JPG
秦意冲の作品です。
若冲みたいでええなぁと思って見ていたら、若冲の弟子のようです。

IMG_0122.JPG
恵比寿、大黒天、福祿寿の三福神が吉原の花魁たちと遊んでいる場面です。
絵巻になっていて見ていて楽しい作品です。

IMG_0129.JPG
池大雅の作品です。
竹が生き生きと描かれていて、ええなぁと感じました。

IMG_0135.JPG
渡辺省亭の作品です。
赤坂迎賓館の花鳥の間に飾られている七宝焼の花鳥画の下絵です。
赤坂迎賓館に行く前で、下絵が見られて嬉しかったです。

もっとゆっくりと見たかったのですが、赤坂迎賓館の予約の時間が迫ってきました。

DSC_8940.JPG
赤坂迎賓館の前庭です。
去年の4月に訪れた所です。

去年は迎賓館内には入れなかったので予約を取りましたが、入場者が少なく、入場制限はありませんでした。予約を取る必要はなく、ちょっとがっかりです。東博で、ゆっくりしたかったです。

入場料は¥1,000です。

館内は撮影禁止です。
見学者から、凄すぎるとの声も聞こえましたが、私は華美になりすぎず、日本らしい奥ゆかしさと落ち着きを感じました。

DSC_8934.JPG
館内の見学を終えて、主庭です。

DSC_8945.JPG
前から行ってみたかった、根津美術館です。
入口を入ると竹の回廊が続いています。
場所は表参道なのですが、異空間にいるような気分になります。

尾形光琳の燕子花図が見たかったのですが、コレクション展だけで常設展はありませんでした。
「染付誕生400年」が開催されていました。
日本では今からおよそ400年前の元和2年(1616)、朝鮮半島より渡来した陶工・李参平によって、肥前(現在の佐賀県)の地でその焼成に成功したのが始まりとされています。そして肥前磁器は「伊万里焼」として、染付や白磁、青磁や色絵へと飛躍的に発展し、江戸時代を通して隆盛を極めます。
あんまり興味はなかったのですが、勉強になりました。

今回の宿は、入谷にある「1 ナイト 1980 ホステル」です。
カプセルタイプの宿です。1泊、¥1,980ではなく¥2,271でした。
ベッドメイクを自分でしなくてはいけないのが、ちょっと面倒です。

DSC_8946.JPG
宿の近くの居酒屋へ。
桜鍋です。割り下を使っていて、味噌も少し入っています。
馬肉は柔らかくて美味しいです。卵を付けてすき焼きみたいに食べます。
店内には、DeNAの山崎選手のアマチュア時代のサインがありました。野球好きには、ちょいと嬉しいです。

DSC_8948.JPG
栃尾あぶらげです。
前から食べてみたかったのですが、東京で食べられるとは以外でした。
酒のあてにいいです。

2017年1月8日(日)曇後雨

今回、東京を旅先に選んだ目的の一つが川越見学です。
以前から行きたかった町です。
東京からは1時間くらいで行けます。

今日の天気予報は下り坂なので、写真を撮りたいところを先に見ていきます。

DSC_8950.JPG
先ずは、洋館巡りです。
川越商工会議所です。古代ギリシャのドリス様式が取り入られています。
建てられたのは、昭和3年(1928年)。武州銀行川越支店として前田健二郎という方が設計しました。その後昭和45年(1970年)に川越商工会議所が譲り受け、現在も現役で使われています。

DSC_8954.JPG
旧山吉デパートです。
ルネッサンス様式を基調とした外観です。2階正面には4本の柱(イオニア式)が並び、唐草のレリーフがはめ込まれています。保岡勝也の最晩年の建築とされています。

DSC_8955.JPG

埼玉りそな銀行川越支店です。
鉄骨鉄筋コンクリート造3階建て、塔屋・金庫室付の建物で、塔尾の先端までの高さは25.2mあります。ルネサンス様式を基調としながら、ゼブラ模様の付け柱やアーチ部分がサラセン風にデザインされています。こちらも、保岡勝也の建築です。

DSC_8964.JPG
洋館も素晴らしいですが、川越で一番有名なのは、蔵造りの町並みです。一番街通りです。

DSC_8957.JPG
時の鐘です。
城下の頃の面影を残す建造物で、江戸時代初頭から城下の町に時を告げ、庶民に親しまれてきた鐘つき堂です。 今から約400年前、当時の川越藩主だった酒井忠勝(さかいただかつ)によって創建されたといわれています。

本来、午前6時・正午・午後3時・午後6時の1日4回鐘の音が鳴るのですが、耐震工事中で聞けませんでした。明日から鐘の音は再会されるそうです。残念。明日は成人式で、振袖姿の女性が写真を撮っている姿も多かったです。

DSC_8963.JPG
大沢家住宅です。
一番街に並ぶ蔵造り建築の中で最も古く、呉服太物を商っていた近江屋半右衛門が1792(寛政4)年に建てた蔵造りのお店です。

DSC_8966.JPG
ちょっと移動して、喜多院です。
江戸城から豪華な壁画や墨絵で装飾された「客殿」と呼ばれる家光誕生の間や、3代将軍家光の乳母として知られる春日局が使用していた「書院」と呼ばれる春日局化粧の間などが移築されました。それらを見たかったのですが、正月のお参り?の方が長蛇の列で、諦めました。

DSC_8973.JPG
喜多院にある五百羅漢です。
日本三大羅漢の一つです。538体の羅漢が並んでいます。
メガネをかけた羅漢もています。

DSC_8977.JPG
内緒話をしているのかな?
いろんな表情があって、見ていて面白いです。

DSC_8987.JPG
川越氷川神社、高さ15mの明神型の大鳥居です。
社号額は勝海舟によるものです。
人形流しが行われていて、こちらも人人人です。

DSC_8989.JPG
川越城本丸御殿です。
嘉永元年(1848)、時の藩主松平斉典が造営したもので、武家風の落ち着いたつくりが印象的な江戸時代17万石を誇った川越城唯一の遺構です。

DSC_8996.JPG
川越城本丸御殿の前にある、三芳野神社です。
童謡「とおりゃんせ」の発祥の地とだと言われています。改装中でした。

DSC_9028.JPG
川越まつり会館です。
高さ8mの山車が並んでいます。
二重のあんどん(鉾)を組み、上層に出る部分と人形は、それぞれ迫り上げ式のエレベーター構造になっています。本来、これは城の門をくぐる際に伸び縮みできるようにした仕掛けです。
鉾の前に唐破風か欄間を乗せた舞台(囃子台)があり、多くの山車はせいご台の上で360度水平回転する回り舞台になっていて、これは他では見られない特色です。

DSC_9009.JPG
この日は、お囃子の実演が行われていました。
久下戸囃子保存会の方が大村井流の祭囃子を実演してくれました。
なかなか迫力があって楽しかったです。

まつり会館を出たら、すっかり雨となっていました。雨が降る前に写真を撮れてよかったです。
夜は、川越の居酒屋を旧友と一緒に3軒ハシゴして、午前様になりました。

2017年1月9日(月)雨後曇

昨夜の深酒で朝寝していました。
ここの宿は12時チェックアウトなので、ゆっくりできます。

両国へ移動。
ちゃんこを食べようと思ったのですが、最初に行った店は予約で満員でした。
昨日から初場所が始まっているので、その影響もあるのでしょう。

DSC_9031.JPG
別の店に行きました。
鳥ちゃんこを注文。スープは4種類あるのですが、お薦めの醤油味にしました。
ちょっと甘めのスープですが、ええ出汁が出ていて美味しかったです。
ちょっと迎え酒をして、いい気分です。

DSC_9034.JPG
ぶらぶらと歩いて、すみだ北斎美術館へ。
去年の11月22日にオープンしたばっかりの美術館です。
建物は、めっちゃモダンです。設計は、妹島和世です。
美術館の前は、葛飾北斎生誕の地です。

DSC_9036.JPG
北斎では一番有名な作品、冨嶽三十六景の「神奈川沖波裏」です。
ここの美術館は、企画展と常設展示に分かれています。
常設展のほうは、ほとんどの作品が写真撮影可ですが、すごい人混みで、ゆっくりとは撮れません。

DSC_9043.JPG
北斎と娘の阿栄(おえい)です。
こたつの布団をかぶりながら絵を描いています。阿栄が、箱火鉢に添いながらその様子をながめています。 杉戸には「画帳扇面おことわり」との張り紙。柱にはミカン箱を打ち付けて仏壇としています。はきちらかした草履と下駄。火鉢のうしろが炭と食品容器であったかごや竹皮のごみの山となっています。
北斎の筆が動いたので、ちょっとビックリしました。

DSC_9044.JPG
北斎は漫画も描いています。
しっかりしたデザインです。

「70歳までに描いたものは本当に取るに足らぬものばかりである。86歳になればますます腕は上達し、90歳ともなると奥義を極め、100歳に至っては正に神妙の域に達するであろうか。(そして、)100歳を超えて描く一点は一つの命を得たかのように生きたものとなろう。長寿の神には、このような私の言葉が世迷い言などではないことをご覧いただきたく願いたいものだ。」とゆう北斎の言葉は届かず、88歳で亡くなりました。
「画狂老人」の号を用いた素晴らしい画家です。

DSC_9049黒田記念館.JPG
上野に戻ってきて、黒田記念館です。
入場無料なのが嬉しいです。

DSC_9050.JPG
前から見たかった作品、「智・感・情」です。
1900年のパリ万国博覧会で、日本人の洋画では最高の賞となった銀牌を受賞しています。
それぞれのポーズと表情が、胸に訴えかけてくる作品です。

黒田記念館、小さな記念館ですが、足を運んでみることをお薦めします。

あっとゆうまの3日間でした。
また、マイルを貯めてどこか旅したいです。

焼き松茸・松坂牛すき焼き食べ放題と御在所ロープウェイ [日本]

2016年11月19日(土)雨後曇

いろいろと食べ放題ツアーに行きましたが、今年は松茸食べ放題ツアーに参加だぁ〜!

生憎の雨のなか、集合場所に行ってみたら、人人人です。
バス3台での出発で、びっくりぽんです。松茸食べ放題は大人気なんですね。
雨のなか、休憩をはさんで、いきなり昼食会場です。

DSC_8884.JPG
焼き松茸で〜す。
もちろん、外国産でしょうが、思い切り食べました。
香りが、やっぱり無いですが、こんなに沢山の松茸を食べたのは初めてです。

DSC_8885.JPG
もう一つの食べ放題、松坂牛すき焼きです。
火力が弱いのが玉に疵。固形燃料は係の人が入れてくれるのですが、回ってくるのが遅いです。
自分で燃料を取りに行くようにして欲しかったです。
思ってたより、松坂牛はジューシーで美味しく、松茸も焼きよりはすき焼きに入れたほうが美味しかったです。

お腹もいっぱいになったところで、湯の山温泉駅へ。
御在所ロープウェイに乗ります。
全長2161m、高低差780m、12分間の空中散歩です。

DSC_8891.JPG
雨はやんでくれましたが、雲が多くて残念です。

DSC_8899.JPG
湯の山温泉駅に近いあたりは紅葉しています。
雲の切れ間から、少しだけ見られました。
先先週の信州で、旅の運を使い果たしたかな。

DSC_8895.JPG
雲の流れが綺麗です。
これもまた風情があって、ええもんです。

DSC_8887.JPG
山上公園駅に到着。標高1212mです。そんなに寒くなかったです。
下界は真っ白で何も見えません。
記念撮影だけ、パチリと。

DSC_8909.JPG
湯の山温泉駅に戻ってきて、駅付近の紅葉です。
晴れていれば、綺麗かったんでしょうが。

アクアイグニスとゆう施設に行って、片岡温泉にの〜んびりと浸かりました。
アクアイグニアスには、お菓子やパンの店もあり、甘いもの好きの方にはええとこやと思います。

今年は2回紅葉を見ようと欲張りましたが、2回目はあかんかったので、また御在所には来てみたいです。

秋の信州と御岳ロープウェイ [日本]

2016年11月5日(土)晴

今年の紅葉狩り、どこにしようかと考えて珍しいところにしようとゆうことで、信州に1泊2日で行くことに。
旅行会社のツアーを利用します。

バスで大阪を出発して、昼食を挾んで馬籠宿を目指します。
今回のツアー客は22名の参加です。
私は一人参加ですが、男性の一人参加は私だけなので席を一人占め出来て楽です。

DSC_8518.JPG
馬籠宿に到着。
馬籠上陣場です。標高653m、眼前の山は恵那山です。

DSC_8522.JPG
高札場です。
高札場とは、幕府や領主が決めた法度(はっと)や掟書(おきてがき)などを木の板札に書き、人目のひくように高く掲げておく場所のことです。
これを眺めながら、旅の安全を願ったのかな。

DSC_8531.JPG
上陣場から馬籠宿を下っていきます。
かなりの坂なので、下から上がってくる人は大変です。

DSC_8532.JPG
水車がありました。
昔からあるものでしょうか。今は発電にも使われいます。

DSC_8551.JPG
馬籠宿から妻籠宿にやってきました。
こちらは平坦な場所なので楽に散策できます。
馬籠と妻籠は、25年前にツーリングで訪れて以来です。
昔の風情が残るところは、ええもんです。

DSC_8567.JPG
遠くの山は色づいていて、歩いていて気持ちいいです。
天気もピーカンで気分は最高です。

散策を終え、ホテルに向かいます。
標高の高いところにあるホテルで、ゴルフコースがあります。
相部屋で申し込んでいましたが、男性一人参加は私だけなので、ツインルームを一人で使えてラッキーです。

DSC_8578.JPG
夕食は、しゃぶしゃぶ膳です。
左側が牛肉で、右側が豚肉です。
どちらも美味しいです。ワインと一緒に頂きました。

DSC_8580.JPG
ホテルの前のもみじが、真っ赤に色づいています。
明日の紅葉狩りが楽しみです。

2016年11月6日(日)晴

今日もピーカンです。
天気に恵まれてラッキーです。

DSC_8594.JPG
朝食前にホテルの周りを散歩。
ゴルフコースの樹樹も色づいていて綺麗です。
ゴルフはしませんが、こんな中でプレイしたら気持ちいいでしょうね。

DSC_8595.JPG
朝食に朴葉みそがありました。
郷土料理は、旅の楽しみの一つなので嬉しいです。

さて、この旅の魅力の一つがネイチャーガイドが同行してくれることです。
色々な説明を聞きながらの紅葉狩りは一味違うと期待します。
ガイドさんは元林野庁の方で、御嶽山のガイドをしていたのですが、御嶽山の噴火でガイドがなくなり、紅葉狩りのガイドをしているそうです。

DSC_8596.JPG
ホテルを後にして、まずは御岳湖です。
愛知用水の水源として造られたダム湖です。
風がなくて水面が鏡のようで美しいです。

DSC_8603.JPG
牧尾ダムの上を歩いて、紅葉を楽しみます。
ダムの高さは104.5mです。山のような形のダムで、上の歩道は幅10mです。

DSC_8604.JPG
見えている橋は、六段橋です。
次は、この橋の上に行きます。

DSC_8620.JPG
六段橋の上からの眺めです。
先週よりも色づきがよくなって、ベストのタイミングだとガイドさんがゆうてはりました。
橋脚が残っていますが、 旧六段橋です。
幅が狭かったので建て直したそうです。

DSC_8623.JPG
橋から下を眺めたら、めっちゃ綺麗なコントラストです。
紅葉が綺麗に色づく条件は、寒暖差が大きいことと紫外線が強いことだとガイドさんが教えてくれました。
今まで見た中でも最高の紅葉です。

DSC_8632.JPG
大島橋の橋脚です。
常盤ダムのダム湖にかかっていました。
戦前の古い橋なので、歴史的建造物として残されたそうです。
ダム湖が美しくないので、イマイチです。

DSC_8644.JPG
白川渓谷です。

DSC_8647.JPG
こちらも橋の上からの眺めですが、あまりの美しさに身を乗り出ししまいます。
いくら眺めていても飽きません。

DSC_8659.JPG
倉越パノラマラインの展望台からの眺めです。
御嶽山の麓にある高原です。標高が高いので、紅葉は終わっています。
広々とした光景に心が洗われます。

DSC_8663.JPG
御嶽山が見えます。
山頂は左側で、ここからは見えません。

御岳ロープウェイを目指しますが、朝の時点では風が強く運転していないとの事でしたが、
ロープウェイ乗り場に着いたら運転していてラッキーでした。
今年最後の営業日です。

DSC_8686.JPG
頂上駅に到着。標高2150m。
目の前には御嶽山の姿が。

DSC_8689.JPG
乗鞍岳です。
雲が多くて、他の山々は見えません。

DSC_8714.JPG
中央アルプス方面は綺麗に見えています。
気持ちのいい風景です。
気温は0℃に近く寒いですが、ええ風景を見ながらお昼にしました。
ずっと眺めていたいですが、ツアーの悲しさ。そんなに滞在は出来ません。

DSC_8765.JPG
油木美林の中にある、こもれびの滝です。
ここまでは、ほぼ平坦な道です。

DSC_8800.JPG
油木美林は、御嶽山の山麓に広がるヒノキの天然林です。
苔むした岩と清流が綺麗です。屋久島の風景にも似ています。
カメラマンの腕がなる風景ですが、ゆっくりと撮影している時間がなくて残念。

DSC_8783.JPG
不易の滝です。
御嶽山四合目にある滝です。太古の時代からその「容姿を変えぬ」との由来で、名付けられました。
白糸の滝のような繊細で美しい滝です。

DSC_8816.JPG
御嶽山は美しいだけでなく、御嶽信仰でも有名な山です。
丸と三本線は、山丸三マークと呼ばれていて、丸は宇宙を表し、 三本線の真ん中の線は宇宙の根本仏である胎蔵界・大日如来、 上の線は不動明王、下の線は摩利支天を意味しています。

DSC_8825.JPG
この当たり一帯には、霊神碑が沢山あります。
霊神碑の建立は、 御嶽山を死後の魂の安住の場とする信仰であり、 死後の霊魂の憩いの場を御嶽に求めようとするものです。

DSC_8830.JPG
バスからの眺めも最高です。
山全体が燃えるようです。

DSC_8846.JPG
美しい紅葉の眺めで、至福の時間が流れていきます。
大阪に帰りたくなくなり、ずっと旅していたいです。

このツアーは、人気がなく今年は2本だけの催行で、来年あるかどうかとガイドさんは気をもんでいました。
ええツアーやと思うので、多くの人に参加して欲しいもんです。

名古屋・犬山城と岡崎城 [日本]

2016年9月17日(土)曇

3連休を利用して旅をしようと思います。
石川雲蝶を見に新潟に行きたかったのですが、飛行機のチケットが取れずに、名古屋に行くことにしましたが、こちらも新幹線のチケットが取れず諦めかけていたら、予約キャンセルが出て運良くチケットを取ることが出来ました。予定の時間より早くて喫煙席ですが、1時間少しの乗車ですのでよしとします。

新幹線は、「ぷらっとこだま」とゆうチケットなんですが、乗車券とワンドリンクのサービスが付いています。KIOSKで飲み物と交換できます。500mℓのチューハイにしようと思ったのですが、350mℓしか置いてません。なんか損した気分です。

チケットが取れないくらいなので、満席かと思っていたら、車両はガラガラでした。
どこかがチケットを抑えているのでしょうか。

9時前に名古屋に到着。
明日明後日と雨模様なので、今日は犬山城に行くことに。
名鉄に乗り換えて、30分ほどで犬山駅に到着。

駅からブラブラと歩いて犬山城を目指します。

DSC_8030.JPG
旧磯部家住宅です。
緩やかな曲線を描く「起り屋根(むくりやね)」が綺麗です。
間口6.8m、奥行き約58mあります。
うなぎの寝床ですが、間口の広さで税金が決まるので、こういった造りになりました。
ベトナムで同じ事情で、同じような造りの家を見たことがありますが、国が違っても役人や庶民が考えることは一緒なんやなぁと感じました。

DSC_8102.JPG
城下町も風情があって、ブラブラ散歩にはピッタリです。

DSC_8037.JPG
犬山城が見えてきました。
見てのとおり、小高い山の上に建てられた「後堅固の城」です。

DSC_8040.JPG
三光稲荷神社の階段を上がっていきます。

DSC_8043.JPG
伏見稲荷ほどではないですが、稲荷神社らしい朱塗りの鳥居のトンネルが美しいです。

DSC_8047.JPG
犬山城です。
織田信長の叔父、織田信康により天文6年(1537)に創建されました。
別名の白帝城は木曽川沿いの丘上にある城の佇まいを長江流域の丘上にある白帝城を詠った李白の詩「早發白帝城」(早に白帝城を発す)にちなんで荻生徂徠が命名したと伝えられています。
唐破風が美しいです。付櫓があるのは珍しいですね。

DSC_8059.JPG
天守閣からの眺めです。
尾張国と美濃国の境にあり、目の前を流れるのは木曽川です。

城を出て、対岸に向かいます。

DSC_8079.JPG
対岸から見た犬山城です。
「後堅固の城」とゆうのがよく分かります。
犬山城は、国宝指定され5城のうちの一つで、現存する日本最古の城です。

城下町に戻ってきて、観光です。

DSC_8092.JPG
からくり展示館です。
この作品は「弓曳童子」です。
人形が矢立てから矢を取り、弓につがえ、的を射るという高度な動作を繰り返す、からくり人形です。

ちなみに、「からくり」とは、
からくり[絡操、機関](カラクルの連用形から)①糸のしかけであやつって動かす装置。転じて、一般にしかけ②しくんだこと③絡操人形におなじ=ぜんまい仕掛けで、ねじを回せば動くように造った人形と定義されています。

DSC_8108.JPG
どんでん館です。
この車山(やま)は、「壽老臺」です。
車山は犬山祭りで使われます。

犬山祭りは、江戸時代から続く車山の祭りです。全国的に珍しく全ての車山(13輌)に仕掛けも見事な、からくり人形を備え、からくりを針綱神社に奉納します。機会があれば見てみたいもんです。

名古屋に戻ってきて、宿へ。
今回の宿は安さ重視で、第2松竹梅ホステルにしました。
男性専用のホステルで、トイレ・シャワー共同のシングルルームです。
1泊、¥2463です。嬉しい安さです。

DSC_8113.JPG
夜は、名古屋で居酒屋の元祖の店に行きました。
名古屋名物の「味噌おでん」です。
ちょっと甘めのお味です。味噌味が合うネタと合わないネタがあるので、まぁまぁかなと思います。

2016年9月18日(日)雨降ったり止んだり

今日は一日雨との予報でしたが、宿を出るときは降ってなかったです。
宿から名古屋駅の方へと歩いて行きます。

DSC_8117.JPG
名古屋駅前にある、モード学園スパイラルタワーズです。
服飾学校らしい斬新なデザインです。

DSC_8116.JPG
こちらも名古屋駅前にある、ナナちゃん人形です。
プロフィールとしては、昭和48年4月28日生まれで身長が610cm、体重が600Kg、スリーサイズが、バスト207cm、ウエスト180cm、ヒップ215cmとなっています。

DSC_8123.JPG
名古屋駅から少し歩いたところに、納屋橋があります。
1610年(慶長15年)の堀川掘削とともに架けられた「堀川七橋」の1つです。
現在の橋は1981年(昭和56年)に架けかえられたもので、前代のものを引き継いだ、中央部にテラスを持つ青銅鋳鉄の欄干が特徴のアーチ橋となっています。

DSC_8121.JPG
欄干の真ん中には、堀川開削を行ったとされる福島正則にちなみ福島家の家紋が施されています。

今日は名古屋市内を巡るので、ドニチエコきっぷを購入。地下鉄とバスが1日乗り放題で¥600です。
地下鉄で移動して徳川美術館へ。

今回、旅の行先を名古屋にしたのは、徳川美術館に観たい作品があるのと、国宝犬山城に行ってみたかったからです。

DSC_8125.JPG
徳川美術館です。
徳川家康の遺品(駿府御分物)を中核として、徳川御三家筆頭で徳川家康の九男・徳川義直を祖とする尾張徳川家伝来の大名道具を展示公開しています。開館は昭和10年(1935)です。
人気の美術館で、人が多いです。

.png
「青磁香炉 銘 千鳥」です。
この作品が観たいがために、徳川美術館を訪れたのですが、
1周して、あれ??
どこにあったけっ?と思って、もう1周しました。
ありました。遠くの棚の上のほうに。
香炉の足は見えません。香炉が浮いて見えるのが一つの特徴なのに、なんて展示の仕方でしょう。
ムッチャ、残念です。
人気がないから、残ない展示になっているのでしょう。

気を取り直して、移動して観光。

DSC_8127.JPG
名古屋市庁舎です。
近代的なビルに和風の瓦屋根を載せた「日本趣味を基調とした近世式」とされ、一般公募(総数559通)の中から西春日井郡豊山村(現在の豊山町)出身である平林金吾氏の案が採用されました。
中央にそびえる高さ53.5メートルの時計塔が特徴で、二層の屋根を配した塔の頂上には、四方にらみのしゃちを載せ、名古屋城との調和を図った意匠となっています。
平成26年12月に隣接する愛知県庁本庁舎とともに、国の重要文化財に指定されました。

DSC_8134.JPG
その愛知県庁本庁舎です。
庁舎の基本設計は、建築家の西村好時氏と当時、東京帝室博物館(現、東京国立博物館)の設計コンペで最優秀を獲得した建築家の渡辺仁氏に委嘱し、両氏の案を基に県建築部営繕課が実施設計を行いました。建築費は当時300万円でした。

DSC_8136.JPG
ネオバロック様式が美しい、名古屋市市政資料館です。
入館料が無料なのも嬉しいです。

DSC_8138.JPG
入ってすぐ、中央階段室です。
こちらも、重要文化財です。

DSC_8141.JPG
会議室です。創建時(大正11年)の会議室を復原しています。
重厚な調度品を置いて、全体に荘重な雰囲気を醸し出しています。
絨毯は、中国天津の一枚織で、一軒家が建てられるほどの高価なものです。
内装が重要文化財に指定されています。

DSC_8143.JPG
留置場です。
実は、この建物は名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎として使われいました。
なので、留置場があります。
さすがに留置場は、暗い雰囲気です。

DSC_8162.JPG
名護屋港に移動して、南極観測船ふじを見にやってきました。

DSC_8156.JPG
タロ・ジロの像もあります。

DSC_8166.JPG
第13士官寝室です。
幹部約33人の居室なっています。2人で1部屋です。広さは8畳となっています。

DSC_8169.JPG
第2居住区です。
一般乗組員約105人分の居室です。
幹部の部屋でも狭いのに、ここは約150平方メートルの空間に3段ベッド27台、2段ベッド14台が置かれています。狭い宿に泊まったことがありますが、ここはそれよりも狭いです。
出世せな、あきませんなぁ。

DSC_8186.JPG
熱田神宮です。
祭神は熱田大神であり、三種の神器のひとつ草薙神剣が祀られています。

DSC_8184.JPG
大きな楠がありました。

DSC_8189.JPG
二十五丁橋です。
西行法師も休んだといわれる日本最古の石橋です。
石板が25枚並んでいることからその名がつきました。
橋の真ん中でネコが休んでいました。

DSC_8192.JPG
大須観音です。
正式名称は真福寺宝生院です。日本三大観音のひとつです。

夜は夜とて、またまた居酒屋に出没です。
でらハイボールが有り、それにしました。確かに、「でら」でした。
名古屋らしいネーミングが嬉しいです。

2016年9月19日(月)晴後雨

台風16号が接近していて、雨を覚悟していましたが、雨は降っていません。
ラッキーです。

宿チェックアウトして、名鉄で岡崎公園前まで行きます。
駅から、ブラブラ歩いて10分ほどで岡崎城に到着。

DSC_8196.JPG
岡崎城です。
晴れ間が覗くくらいの、いい天気です。暑いです。
岡崎城は徳川家康の生まれた城として知られています。「桶狭間の戦い」で今川義元が敗死した際に家康(当時は松平元康)が今川氏から独立した城でもあります。江戸時代には家康誕生の城として重要視され、譜代大名が歴代の城主を務めています。

DSC_8202.JPG
天守閣からの眺めです。
1959年に鉄筋コンクリート三層五階で復興しました。

岡崎城を出て、岡崎公園内を散策です。

DSC_8209.JPG
本多忠勝銅像です。
家康公の四天王の一人として知られています。

DSC_8215.JPG
からくり時計です。

DSC_8221.JPG
毎時0分と30分になると、家康公の人形が能を舞います。

DSC_8223.JPG
表情が変わりました。
良く出来ています。

DSC_8211.JPG
家康公銅像です。
1965年の家康公没後350年祭を記念し、彫塑家高村泰正氏により制作されたものです。

DSC_8217.JPG
三河武士のやかた家康館です。
「決戦!関ヶ原」は、大型映像と屏風ビジョン、武将のフィギュアによるジオラマ解説になっています。
なんとなくは知っていた関ヶ原合戦ですが、よく分かって良かったです。

DSC_8230.JPG
天下人家康公の出世ベンチです。
家康公と一緒に座って、出世しましょう。

岡崎公園を出て、ブラブラ歩いて八丁味噌の郷へ。

DSC_8238.JPG
カクキューです。
八丁味噌蔵の見学をします。
土日祝は、毎時00分、30分開始のガイドつきで見学できます。
因みに、日本で八丁味噌をつくっている会社は、二つしかありません。

DSC_8246.JPG
カクキューの昔の看板です。
昭和の初めころまで旧国鉄の岡崎駅で使われていたもので、日吉丸(秀吉の幼少時代)と蜂須賀小六が矢作橋で初めて出会ったシーンだそうです。
が、矢作橋が出来たのは秀吉の死後ですので、これは後世の創作話しです。

DSC_8248.JPG
明治25年には宮内省への納入を始め、 明治34年12月28日には正式に宮内省ご用達の許可を得ています。 現在その制度は無くなっていますが、今なお宮内庁にはカクキューの八丁味噌が納入されているそうです。

DSC_8249.JPG
昔の店頭です。
今の本社の場所に移る前には、東海道沿いにお店がありました。

DSC_8254.JPG
味噌を造る作業は昔は重労働で大変でした。

DSC_8257.JPG
この仕込み桶は「六尺(ろくしゃく)」と呼ばれていて、天保3年(1839年)にできたカクキューの中で最も古いものです。

DSC_8256.JPG
六尺の底には、年号が刻まれていいます。

DSC_8263.JPG
甲子蔵の中です。
八丁味噌の製法の特徴は二年二冬(2年間)以上寝かす、天然醸造です。八丁味噌独特の濃厚なしぶみや旨味を出すためには、欠かせない製法です。
桶の上には無数の石が積まれています。総重量約3トン。ピラミッド状に整然と積み上げる石は岡崎の八丁味噌に欠かせない風景です。

DSC_8265.JPG
2006年の朝ドラ「純情きらり」で、宮崎あおい演じるヒロインの婚約者の家業が八丁味噌蔵という設定で、カクキューが撮影舞台となったそうです。
ドラマの設定時代(昭和初期)には金属の箍は使われていないので、美術の方が、金属の箍を隠すための「竹の箍カバー」を作りました。よく出来ています。

DSC_8271.JPG
カクキューの蔵は全部で七つ。全部で400〜500本程度の桶があります。
2年後、美味しい味噌になるのを待ってるよ。

蔵見学の後は、八丁味噌と赤だしの味噌汁の試飲と、味噌田楽の試食がありました。
美味しかったです。

DSC_8277.JPG
カクキューの裏は、八丁蔵通りになっています。
因みに、八丁味噌の由来は、岡崎城から西に八丁(約870m)にある八帖町(旧八丁村)で造られているからだそうです。もう1社のまるや八丁味噌は、すぐお隣にあります。
そちらも見学したかったのですが、時間が合わずに諦めました。

名古屋に戻って、時間があったのです、街歩きです。

DSC_8285.JPG
JRセントラルタワーズです。地上51階建です。
2014年に、大阪市のあべのハルカスが出来るまでは、駅ビルとして高さ世界一でした。延べ床面積では現在も世界最大です。

DSC_8288.JPG
駅前は、高層ビルが多いです。

DSC_8291.JPG
四間道です。
江戸時代の初め慶長15年(1610年)名古屋城築城とともに始まった清須越にともなってつくられた商人町です。 四間道は、元禄13年(1700年)の大火の後、防火の目的と旧大船町商人の商業活動のため、道路幅を四間(約7メートル)に広げたので、その名前がついたといわれています。
改装中なのが、ちょっと残念。

DSC_8293.JPG
屋根神さまです。
津島神社、秋葉神社、熱田神宮の三つの神様が祀られています。屋根の上に小さな社を祀るという形態は、名古屋独特のものだそうです。疫病や火災などの恐怖から身を守るために、庶民が祈りを込めて作ったものです。

DSC_8296.JPG
円頓寺商店街です。
期限は江戸時代とゆう古い商店街です。
金のシャチホコがあるのが名古屋らしいです。

徳川美術館は、ちょっと残念でしたが、犬山城は良かったですし、岡崎公園も思っていたより良くて、美味しいものも頂けて充実した旅でした。
翌日は、台風16号でかなりの雨が降っていました。1日ずれていたら、観光どころではなかったかもしれません。相変わらず、悪運が強いようです。

若冲展とホキ美術館 [日本]

2016年4月29日(金)晴

伊藤若冲の生誕300年を記念して、展覧会が東京都美術館で開催されています。
若冲が京都・相国寺に寄進した「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅(宮内庁三の丸尚蔵館)が東京で一堂に会すのは初めてです。どうしても見たくて、東京に行くことに。

4月から転勤になり、土日祝が休みとなりました。いつもなら平日に旅するのですが、仕方なくゴールデンウィークに旅することとなりました。GWに旅するなんて、子供の時以来と違うかな。

新幹線で新大阪から東京まで。
遅めの出発でしたので、そんなに時間がなく、チェックインしてから迎賓館赤坂離宮に向かいます。

迎賓館赤坂離宮は、毎年夏の10日間、一般公開(参観)を実施していたのですが、今年の4月より、国外からのお客様をお迎えするのに支障のない範囲で、可能な限り通年公開を実施するようになりました。中も見学したかったのですが、予約がすでに終了していて、外からの見学です。

DSC_7618.JPG
ヨーロッパの宮殿にも匹敵する立派な造りです。

DSC_7606.JPG
どこから見ても重厚で美しいです。
次は中も見学したいです。

DSC_7634.JPG
夕食には早かったので、東京都庁に行きました。
展望台に上るのに列が出来ていて、30分待ちです。
GWなので仕方がないですね。
観光客は多いのですが、東京でタクシードライバーをしている友人は人が少ないので仕事にならないとゆうて8連休してます。観光客はタクシーに乗らないのでしょうか?

DSC_7641.JPG
前回、東京に来たときは工事中だったスカイツリーも綺麗に見えました。

2016年4月30日(土)晴

さて今日は、千葉まで移動してホキ美術館を訪れます。
ホキ美術館は、日本初の写実絵画専門美術館です。5年前にオープンして、こちらも以前から観たかった美術館です。

DSC_7654.JPG
建物もユニークな形をしています。

ホキ美術館5周年記念として、「3つの個性」とゆう企画展が開催されています。
五味文彦、大畑稔浩、島村信之3名の新作を含め、各作家24点ずつ72点が飾られています。

島村信之は観たかった画家なのですが、実物を観たらモデルの手が老けて見えて違和感を感じました。
後で学芸員による解説があったのですが、島村に何故こんな手なのですかと質問したところ、描きすぎてしまうとの答えだったそうで、癖だそうです。癖なら仕方のないところかもしれませんが・・・。

3時間くらい滞在して、じっくりと鑑賞しました。

東京に戻ってきて、スカイツリーに上ります。
スカイツリーは相変わらずの人気で日時指定券を事前に購入しました。

DSC_7666.JPG
上る前にスカイツリーを下から眺めて、パチリ。

DSC_7667.JPG
角度を変えて、パチリ。
近づきすぎると、天辺が見えません。
キングコングは、エンパイアステートビルに上りましたが、それよりも253m高い634mです。
コングがスカイツリーを見たら、どんなふうに感じたでしょう。

DSC_7726.JPG
350mの展望デッキに上るエレベーターの中です。
春夏秋冬をテーマに装飾が施されています。これは、春をモチーフにした「桜の空」です。
桜の花びらの中に蝶が飛んでいます。
エレベーターは分速600mで約50秒で展望デッキへ。

DSC_7678.JPG
晴れてはいるのですが、春霞で遠くまでは見えません。
それでも眺めているだけで楽しいです。

そこから展望回廊へ上ります。

DSC_7688.JPG
ちょうど夕焼けこやけです。
夕日がキラキラと輝いて綺麗です。

DSC_7701.JPG
最高到達点、451.2mです。

DSC_7708.JPG
少し雲が出てきて、早目に太陽が隠れてしまいました。

DSC_7715.JPG
展望デッキにはガラス床があって、スカイツリーの鉄骨と下の眺めが面白いです。

DSC_7723.JPG
ぼちぼち日が暮れて、灯り点し頃となり、夜の街に繰り出しました。

2016年5月1日(日)晴

この旅のメイン「若冲展」へ行きます。
ホテルをチェックアウトして、上野駅まで移動して、東京都美術館へ。

人がゾロゾロ、ゾロゾロ歩いていなぁと思っていたら、ほとんどの人が若冲展へ向かっている人達でした。
開館1時間以上前に着いたのですが、すでに長蛇の列です。そんなに暑い時期じゃなくて、よかったです。夏やったら熱中症で倒れる人が出るんちゃうかな。

少し開館時間が早まって、館内へ。
長蛇の列でしたから、館内は混み混みです。
係のお姉さんが、空いているところからご覧下さい。とゆうてたので、素直にその通りに観ていって、あとから「動植綵絵」のある部屋に戻ってきたら、チョー混み混みでした。素直にゆうこと聞かんかったら、よかったです。

作品の前には何重もの人垣が出来ています。
係の人が、立ち止まらずに進みながらご覧下さいとゆうてますが、誰も聞きません。
アリの這うようなスピードでジリジリと進むのみです。
じっくりと観たいのは分かりますが、ゆっくり進みながら観て欲しいものです。

30幅の作品を観るのに1時間以上かかりました。
並ぶのが大嫌いなので普段なら、もうええゎと諦めるところですが、我慢して観ました。
それほど、素晴らしい作品でした。

芳醇で濃密な色彩の絵は、仏画などに使われる裏彩色によってひときわ鮮やかに表現されています。さらに海外からもたらされた顔料、プルシアンブルーを日本でいち早く使うなど、その作品対する情熱はハンパないです。

徹底的に描きこまれた超絶技巧と、その緻密さに圧倒されます。
最近の研究で、肉眼では見えない点まで描いてるのが発見されたり、人の脳の中で色を認識させたりと、とても人間技とは思えません。若冲は宇宙人やったちゃうやろかと感じました。

「動植綵絵」の他にも、約80年振りに発見された「孔雀鳳凰図」や、ジョープライス・コレクションの「鳥獣花木図」などなど、見どころ満載です。

若冲の言葉に、「千載具眼の徒を待つ」とあるのですが、千年後に理解されることを願ってとゆう意味です。
まさにその通りですね。
千年とはいきませんが、10年分くらいは若冲を理解できたかな?

DSC_7734.JPG
3時間以上、たっぷりと若冲を堪能したあとは、横山大観記念館へ。
係のお姉さんが若冲展、いってきはったんですか。
華美な世界もええけど、大観のような素朴な日本画を落ち着いて鑑賞しては、とゆう言葉が印象に残りました。大観の世界に自信を持ってるんやなぁと思いました。
横山大観記念館は、大観が明治42年より生活し、数々の名作を生み出した場所です。

DSC_7738.JPG
大きな庭ではないのですが、奥行を感じさせるように工夫された庭です。

確か若冲は素晴らしいですが、大観の世界も好きやなぁと、ほのぼのとした気分で作品を眺め、大観が生活し制作に励んだ息吹を感じられる、ええ記念館でした。

贅沢な時間の過ごし方をした旅でしたが、濃密な時間を過ごすことが出来ました。
あれこれと観るよりも、じっくり観たので心の奥深くに印象が残った旅となりました。

ナシフグ・日生ガキ食べ放題と裏大原美術館 [日本]

2016年3月20日(日)晴

ナシフグ・・・どんなフグなんでしょう。
一度食べてみたいと思って3年連続でツアーを申し込んで、ようやく行けます。
今回は4日の日程があったのですが、催行されるのはこの日だけでした。
ナシフグ・・・人気がないんですね。

この日は3連休の中日とゆうことで、高速道路は渋滞です。
30分ほど自然渋滞でノロノロ運転です。

渋滞で時間が遅れているのに、途中なぜか2回も休憩を取って、昼食会場へ。
どこかで見たレストランやなと思っていたら、2年前に日生カキ食べ放題で訪れたレストランでした。

バスの中で、添乗員さんが一生懸命カキの話しをしてはりましたが、このツアーってナシフグがメインとちゃうん???みなさん、牡蠣がメインなんでしょうか?

DSC_7529.JPG
てっさで~す。
これが食べたかったんですよね!結構分厚く切っています。
制限時間は45分で~す。

うまい!!!
トラフグよりは柔らかいですが、モチモチしていて美味しいです。3〜4枚いっぺんに食べます。贅沢!
でも、他の人を見ていたら、牡蠣をメインに食べている人の方が多かったです。

てっさ以外では、焼き牡蠣、フグ・牡蠣鍋、牡蠣コロコロ煮、フグ唐揚げ、牡蠣フライ、フグ・牡蠣雑炊が全て食べ放題です。

てっさは美味しいのですが、ポン酢が甘口でイマイチの味で飽きてきました。
鍋はすき鍋で、フグにはもうひとつ。牡蠣を中心に鍋にしました。
なんやかんやと言いながら、てっさは6皿くらい、カキは100個くらいは食べて、大満足です。

DSC_7531.JPG
目の前には瀬戸内海が。
旧野崎浜灯明台です。
この建築は日本式木造灯明台で、味野浜と赤崎浜境の入江の埠頭にあり、文久3年(1863)に塩釜明神の御神燈として、また、浜へ出入りする船の夜間照明のための灯台として建てられました。
こうした木造高灯籠形式のものは全国的にも少なく、西洋式灯台に変わる以前の灯台を知ることができる資料として、貴重な遺構となっています。

お腹もいっぱいになったところで、20分の買い物休憩です。
そんな時間はいらないのですが。

DSC_7534.JPG
近くには観光船の乗り場があります。
待合室には、ジーンズがズラッと並んでいました。児島は国産ジーンズ発祥の地としても知られています。

休憩後、鷲羽山へ移動。

DSC_7537.JPG
鷲羽山では第二展望台から景色を眺めました。
第一展望台まで登れば、もっち景色がいいと思うのですが時間がないので諦めました。
「島一つ土産に欲しい鷲羽山」とゆう石碑が有名ですが、第一展望台にあります。

鷲羽山の名前の由来は、鷲が羽根を拡げて飛ぶ姿に似ているところから名付けられました。
児島出身の常ノ山が入幕前に名乗っていた四股名でもあります。と、添乗員さんが教えてくれました。
通常、添乗員さんは説明しないものなのですが、今回の添乗員さんはバスガイドさん並みに、ようしゃべりはります。相撲ファンですが、私が生まれる前の力士ですので知りませんでした。

その後、関脇まで出世して活躍した鷲羽山は常ノ山の義理の甥にあたります。
こちらは1973年入幕ですので、よく覚えています。小兵ながら多彩な技の持ち主でした。
最近はこういったタイプの力士が少なくなりました。

DSC_7545.JPG
ここからは28の島々が見えるそうです。
今は、瀬戸大橋を含めた風景が有名ですが、昔はこんな感じでしょうか。

DSC_7549.JPG
瀬戸大橋が入った風景も綺麗です。
瀬戸大橋は上を車が、下を列車が走っています。
自転車、人は通ることが出来ません。残念、自転車で走ったら気持ちいいと思います。

DSC_7551.JPG
鷲羽山を眺めた後は、倉敷美観地区へと向かいます。
50分ほどで到着。この日は天気がよく、喫茶店のツタも綺麗です。

みんなは無料のお菓子を食べに行きますが、私は大原美術館に直行です。
大原美術館は再訪ですが、実は現在、東京で展覧会が開催されていて、主だった作品はそちらに行っています。まぁいえば裏大原美術館ですか。

テレビで、東京で展覧会が開催されていても、まだまだ展示する作品はあると豪語していたので、日頃お目にかかれないものが見られるかと期待して訪れました。

「受胎告知」が飾られていた部屋には、なんと彫刻が飾られていました。
この部屋には彫刻は合わないなぁと感じました。ちょっとガッカリでした。
「受胎告知」が大原美術館の主だと改めて感じた次第です。

本館では、他に目を引く作品もなく、前回見られなかった分館、工芸館を見学しました。
ちょっと気になる作品はありましたが、家に飾りたいとまでは思いませんでした。

DSC_7557.JPG
朝は寒かったですが、ぐんぐんと気温が上がってきて、ブラブラと散歩するのが気持ちいいです。
川舟のお客さんも気持ちよさそうです。

DSC_7560.JPG
有隣荘の緑と空の青のコントラストが美しいです。

帰路につき、途中休憩で集合時間に遅れたお姉さんがいたのですが、謝りもしません。
みんな早く帰りたいのに、ゴメンの一言も言われへんのはどうかと思います。

高速道路では3箇所で事故が起こって20kmの渋滞です。
下道を走ったほうが早いと判断して、下道を通って帰ってきましたが、4時間以上掛かり予定より一時間半以上遅れての到着となり疲れました。
やっぱり、旅行は平日のほうがいいです。

大阪城梅林撮影会 [日本]

2016年2月24日(水)曇

カメラライフを楽しんでいますがイマイチ上達しなくて、写真撮影会に参加してみることに。

まずは、元大阪市長公館のレストランでランチです。
レストランに入って、人が多いのにビックリです。66人も参加していて、写真は人気あるんやなぁと感心しました。また男性よりも女性の方が多いのにもビックリです。

DSC_7377.JPG
サラダです。
食べるのも目的ですが、写真を撮るのも大事です。

DSC_7379.JPG
前菜があるのかと思っていたら、もうメインです。
丹波地鶏です。

DSC_7380.JPG
あっとゆう間にデザートです。レモンを使ったケーキです。
全体の量があまりにも少なくて、ちょっとガッカリです。

DSC_7385.JPG
講師の先生に食べ物を撮るコツを教えて貰い、実際に先生に撮ってもらいました。
背景にも気を付けるのがコツです。

食事の後は、岩田賢彦さんによる写真撮影講座です。
「こころ優先写真術」と名付けられています。
「どう」撮りたいかが大事で、いきなりシャッターを押すのはダメだとおっしゃってました。
撮影する距離や位置を変えてみて、それから徐ろにシャッターを切る。
自分の考えと同じで、考え方としては間違ってなかったんかなと思いました。

レストランを出て、ブラブラ歩いて大阪城梅林へ。
曇っていて青空が出ているのが花を撮るのには理想です。そうゆうのを写真日和とゆうそうで。
ピーカンに晴れているのはカメラ日和とゆうそうです。そんな話しを先生から聞きながら歩いていきます。

DSC_7396.JPG
いきなりシャッターを押すのはダメと聞いていながら、ええ雲を見つけたらパシャッと押してしまいました。

DSC_7397.JPG
大阪城梅林へ到着です。
この日は平日で曇っていて最高気温9℃と寒かったのですが、かなりの人出です。
梅はほぼ満開で見頃です。

今回は、ズームレンズと久しぶりの登場でマクロレンズも持ってきました。
先生に聞いたことを思い出しながら、まずはじっくりと梅を眺めて徐にシャッターを切っていきます。

DSC_7398.JPG

DSC_7405.JPG

DSC_7408.JPG

DSC_7409.JPG

DSC_7412.JPG

DSC_7450.JPG
なんの鳥か分かりませんが、人を警戒しなくてかなり近くに止まっていました。

マクロレンズのコツを聞こうと思っていたのですが、先生が見つからず聞けませんでした。
先生一人に対し生徒の数がちょっと多過ぎたのかな。

DSC_7471.JPG

DSC_7414.JPG

DSC_7418.JPG
雲の切れ間から日が差してきて、逆行で撮ってみました。

DSC_7426.JPG

DSC_7428.JPG

DSC_7433.JPG

DSC_7498.JPG
梅にウグイス。
300mmでは、ちょっと遠いです。かなりトリミングしてます。

100枚以上、梅の写真を撮りましたが家に帰ってきて写真を見たら、ええなぁと思えるのは1枚くらいでした。

写真撮影講座で先生がゆうてはりましたが、失敗した写真もじっくりと見て、なんで失敗したかを考えなあかんとゆうてました。反省をしつつ、初心の頃の気持ちを思い出して、写真って楽しいなと思えた有意義な一日となりました。

カキ食べ放題・岡山ワイナリーと和気神社 [日本]

2016年1月27日(水)曇

冬は美味しい物が多くて、寒いのは嫌いですが、食いしん坊には嬉しい季節です。
とゆうわけで、カキの食べ放題ツアーに行きます。

高速道路を使うと、いつも宝塚の当たりで渋滞するのですが、この日は珍しく渋滞が無くスムーズに行きました。途中、お茶の試飲に立ち寄りましたが、店は露天で寒空の中で30分も長居するのは辛く、それやったら出発を遅くして欲しかったです。

さて、本日のメインのカキ食べ放題です。
カキといえば、海沿いの店を想像していたのですが、店は山の中で意外でした。

DSC_7299.JPG
焼ガキが美味しそうです。
焼ガキ以外にも、カキしゃぶ、カキコロ煮、カキフライ、カキ飯、カキカレーも食べ放題です。
一度蒸してあるので温もれば食べられます。
焼は時間がかかりますが、カキしゃぶにしてジャンジャン食べました。

今回のツアーは、飲み放題でもあります。
ビール、焼酎、酎ハイ、ウーロン茶、オレンジジュースが飲み放題です。
ビールは発泡酒かなと思っていましたが、ちゃんとしたビールでした。
酒飲みには、嬉しい企画です。

60分の制限時間で、カキは200個くらい食べて、お腹いっぱいで大満足です。

DSC_7303.JPG
レストランの裏手には、窯があります。
登り窯です。

DSC_7309.JPG
備前焼です。
釉薬を使わないで土を焼き締めるだけのシンプルな焼き物です。

DSC_7330.JPG
バスで移動して、岡山ワイナリーです。
サッポロビールが経営しているワイナリーです。
葡萄も栽培しているのかなと思っていましたが、栽培は別の所で生産だけしています。

DSC_7319.JPG
入口のところには、綺麗なステンドグラスがあります。
ローマ神話の酒神バックスかな?

DSC_7326.JPG
ここのワイナリーで作られた、プライベートラベルです。
ふぐとワイン、合うのかな?

工場の中は、写真撮影禁止でした。
見学を終えると、お楽しみ試飲タイム(無料)です。
岡山らしく、桃やマスカットを使ったワインもありました。
マスカットのワインは美味しかったです。

プレミアムワインの有料試飲もあったのですが、係員の人がいなくて飲めませんでした。
残念。

DSC_7341.JPG
またまたバスで移動して、和気神社です。
和気清麻呂公の像です。高さ4.63mの青銅製で、原型の石膏像は故朝倉文夫氏の作です。

古くは和気氏一族の氏神として遠祖 鐸石別命(ぬでしわけのみこと)が祀られ、和気神と称せられていました。天正19年(1591)に数町川下にあった社殿が大雨で流されたため、現在地に遷座しました。

DSC_7343.JPG
ゆるキャラ、わけまろくんとフジコちゃんとタンタンです。

DSC_7347.JPG
狛犬ならぬ、狛いのししです。
清麻呂公は、道鏡一味に追われながら、宇佐八幡宮に参詣しようとしました。
すると、どこからともなく、約三百頭の猪が突然現われて、清麻呂公を守護し無事にご案内したとゆう故事(「日本後紀」巻八)によります。また、足が萎えて歩けなくなっていたところ、猪に案内され「霊泉」に足を浸けるとたちどころに足がもとのとおり治り、歩けるようになりました。
以来、猪は清麻呂公の随身、また足腰の守護として崇められ、狛犬がわりに「狛いのしし」が守護するようになりました。

DSC_7355.JPG
本殿です。
明治18年より順次建替えられたことは棟札によって確認できています。
大工棟梁は、邑久郡の「田淵耘煙斎勝義」です。
明治の建築とはいえ、邑久大工の代表的な建築様式であり、装飾彫刻類もすばらしく、和気町指定文化財になっています。

春になると大きな藤棚を目当てに来る人も多いそうです。
冬はバスの駐車場代は無料ですが、藤の頃は3000円になるそうです。

カキをタラ腹食べてガンガン飲んで、珍しい神社も見られて、結構な旅でした。

姿ズワイガニ食べ放題と湯村温泉 [日本]

2015年12月22日(火)曇時々晴

1月のカニ食べ放題では、うまく食べられなかったので、上手なカニの食べ方を調べてからの旅です。
バス1台での出発でしたが、2つのツアーの合同バスでした。なかなか催行が決まらず、カニ食べ放題は人気がなくなってきているのかもしれません。二人掛けのところに一人で座れたので楽でした。
途中、1回の休憩を取って、海産物のお店に寄ってから食事会場へ。

DSC_7239.JPG
目の前には、カニがデーンと鎮座ましましています。
係の人がカニの食べ方を説明してくれましたが、前に座っていたおじさんは説明も聞かずにムシャムシャとカニを食べてはりました。よっぽどカニの食べ方に慣れているのでしょう。

カニの足を途中で折って身を出すとゆう方法なのですが、半分くらいは身が出てこなくて、もっとええやり方があるのかもしれません。

50分の制限時間いっぱいに食べましたが、7杯くらいしか食べられませんでした。まだまだ食べ足りませんでした。前に座っていたおじさんは、盛んに悪いカニやとボヤいていました。まぁ、値段なりかなとは思います。

DSC_7241.JPG
食事会場は、鳥取砂丘のすぐそばです。
35年ぶりに来ましたが、その時は大きいなぁと感じたのですが、今回はそんなに大きく感じませんでした。歩いたら感じ方が違うとは思いますが、時間がなかったので砂丘を眺めるだけです。

DSC_7251.JPG

DSC_7252.JPG

DSC_7254.JPG

バスで湯村温泉へ移動。

DSC_7259.JPG
荒湯です。
温泉卵を作ったり、足湯を楽しむことが出来ます。足湯は大きくて30人くらい入れそうです。

DSC_7262.JPG
夢千代像です。
パンフレットなんかでもよく見る風景ですが、綺麗とは感じないです。

DSC_7266.JPG
夢千代館です。
夢千代日記に使用した舞台セットや小道具が展示されているそうです。

DSC_7267.JPG
夢千代館の前には、記念写真の顔ハメ看板がありました。
お姉さんに写真を撮ってくれと頼まれました。私の顔は物を頼みやすい顔なんでしょうかね。

湯村温泉はもっと大きな温泉街と思っていたのですが、こじんまりとしていました。

DSC_7266.JPG
正福寺です。
伝教大使最澄上人がおよそ1200年前(延暦25年・806)に創立した天台宗の流れを汲むお寺です。

DSC_7280.JPG
夢千代の歌碑がありました。
「雪深い土地(ここ)に優しい人いて ひそかに一重の夢を織っている 夢千代日記」
昭和56年冬 早坂暁
夢千代日記は見ていませんでしたが、人気だったんでしょうね。

DSC_7283.JPG
湯村温泉のゆるキャラ、湯〜たんです。
温泉に浸かりながら、湯たんぽを持って?います。

再びバスで移動。途中、三田で休憩です。

DSC_7287.JPG
18時前ですが、当たりは真っ暗です。
かねふくのめんたいパークです。
めんたいパークは、茨城県の大洗と愛知県の常滑、そしてここ神戸三田と全国に3つあります。
ここは今年の3月に出来たばっかりです。工場見学も出来るのですが、時間が遅くて見られませんでした。

DSC_7285.JPG
忘れていましたが、もうすぐクリスマスとゆうことで、サンタと雪だるまがいてました。

金沢 紅葉狩りと美術館巡り [日本]

2015年11月24日(火)曇一時雨

今年の紅葉狩りは、どこにしようかなと考えていましたが、友達と相談して金沢にしました。
20日から29日まで、ライトアップされるので、それに合わせての出発となりました。

大阪駅から特急サンダーバードに乗って、2時間44分で金沢に到着。
天気予報通り、曇っています。

DSC_6880.JPG
まずはバスに乗って、石川県立美術館へ。
入場料は360円です。
なぜ、ここへ来たかとゆうと、以前から見たかった野々村仁清の「色絵雉香炉(いろえきじこうろ)」が見たかったのです。

DSC_7236.JPG
手前が「色絵雉香炉」です。国宝です。(写真撮影は禁止なので、絵ハガキを撮影しました)
思っていたより大きいです。色彩が鮮やかで美しいです。
奧側は「色絵雌雉香炉(いろえめすきじこうろ)」です。こちらも野々村仁清作で、重要文化財です。

雌は元は個人で所有されていたのですが、雄と一緒に並んでいるのがいいと寄贈されて並んで展示されるようになりました。奇特な方に感謝です。

外に出たら雨は小振りになっていて今回の旅のメイン、紅葉狩りに兼六園に向かいます。
今年の秋は冷え込みが弱くて、紅葉はイマイチかなと思っていましたが、その通りでした。
色づいかないままに散ってしまっているところもあります。

綺麗なところを見ながら、カメラにパチリパチリと収めていきます。
天気が悪く、色づきも悪く、腕も悪いので、なかなか思ったような写真は撮れませんでしたが・・・。

DSC_6891.JPG

DSC_6896.JPG

DSC_6898.JPG

DSC_6909.JPG

DSC_6910.JPG

DSC_6928.JPG

DSC_6937.JPG

いったん、ホテルにチェックインして、1月に食べられなかった金沢おでんに再チャレンジです。
ホテルの近くのおでん屋に行ってみました。
開店して30分ほどだったのですが、最後の席でギリギリセーフでした。

DSC_6963.JPG
ロールキャベツとバイ貝です。
バイ貝は金沢おでんらしいネタです。富山では刺身で頂きましたが、おでんでも美味しいです。

DSC_6964.JPG
こちらはカニ面です。
香箱ガニという小さいカニの甲羅に、カニから取り出した身やミソ、内子を詰めて蒸し、おでんのだしで煮たものです。注文を聞いてから作るので、1時間近く待たされました。予約したほうがベターです。カニ面が食べられるのは、11月初めから12月末までですので、ご注意を。

冷酒をもらったのですが、黒帯とゆう銘柄でした。
初めて聞く日本酒だったので、大将に石川のお酒ですかと尋ねたら、モチロン!と怒ったように言われました。そんな言い方せんでも、ええのに。ちょっとヘンコな大将です。

おでんもお酒も美味しいのですが、ライトアップの紅葉を見るために、そうそうに店を出ました。

ライトアップ時の入場料は嬉しいことに無料です。

兼六園のライトアップです。
DSC_6976.JPG

DSC_6986.JPG

DSC_6991.JPG
DSC_6998.JPG

兼六園を出て、石川城にも行きました。
DSC_7022.JPG

DSC_7025.JPG

夜になるとグット冷えてきて、ライトアップを堪能したあとは、居酒屋で美味しい肴と美味しいお酒で身も心も暖かくなりました。

2015年11月25日(水)曇後雨

ホテルで朝食を済ませ、朝の散策に出かけようと思っていたのですが、小雨です。
美術館が開くまで時間があるので、ホテルにじっとしてても仕方がないので散策に出かけました。

DSC_7049.JPG
長町武家屋敷跡です。
土塀の続く町並みと石畳が美しいです。

DSC_7065.JPG
用水路と紅葉の取合せが綺麗です。

DSC_7068.JPG
ここの紅葉は鮮やかです。
雨もやんで寒いですが、気持ちがいいです。

DSC_7070.JPG
落ちてしまいそうな柿。冬がそこまで来ています。

散策を終え、チェックアウトして、金沢21世紀美術館へ。

DSC_7117.JPG
屋外の作品です。

DSC_7124.JPG
屋外は無料で、いつでも鑑賞できます。

DSC_7125.JPG
正面入口です。
平日にも係わらず、開館前から行列が出来ていました。
外国からのお客さんもいてました。係の人は、ペラペラです。

DSC_7132.JPG
21世紀美術館で有名な作品「スイミング・プール」です。
本来なら水の中に人が見える(地下からは見上げる)作品になっているのですが、地下が改装中で入れませんでした。残念。

DSC_7134.JPG
「パースペクティブ」です。
タペストリーのように見えますが、近寄って見ると使用済みの瓶の金属蓋などを繋ぎ合わせて出来ています。気の遠くなるような制作です。

DSC_7141.JPG
国連をテーマにした作品が並んでいました。

DSC_7143.JPG
「雲を測る男」です。
独房で鳥類学者になった実在の囚人の言葉に着想を得て制作されました。
男の愚直さを感じます。

DSC_7146.JPG
Ghost in the Cell」です。
音と光で構成されています。生命の息吹と人生を感じる作品です。

DSC_7161.JPG
「移動-もうひとつの国」です。
ボートが逆さまになっていて、そこに様々な造形物が連なっています。
人生の混沌と死生観を感じました。

金沢21世紀美術館はユニークな美術館だと言われていますが、現代美術を見慣れた人にとっては、それほど特別な作品だとは思わないと思います。楽しい美術館であるのは間違いないです。

外に出たら、また雨が降っていました。
バスで金沢駅へ。

DSC_7167.JPG
金沢駅の伝統芸能に使われる鼓をイメージした「鼓門」です。

1泊2日の短い旅でしたが、写真を沢山撮って、観たかった野々村仁清の作品も観られましたし、金沢おでん等の美味しいものも食べられて充実した旅でした。

前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。